スズキ、軽乗用車ハスラーに特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」を設定して発売

スズキ、軽乗用車ハスラーに特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」を設定して発売
-「ハスラー」を一部仕様変更-

ハスラー 特別仕様車「Wanderer」
※コラボレートしたシフォンアイボリーメタリック
スズキ株式会社は、軽乗用車「ハスラー」に特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」を設定し、11月15日より発売する。あわせて、「ハスラー」のG、Gターボに衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を標準装備※するなどの一部仕様変更を行った。
特別仕様車「Wanderer(ワンダラー)」は、外装のルーフやバンパーガーニッシュに新色のウッディブラウンを採用した。また、内装のインパネカラーパネルには、ウッド調を初採用し、シートや本革巻ステアリングホイールのステッチ部分には、ビビッドなオレンジの差し色を施すなど、細部までおしゃれにこだわったデザインとした。車体色は全車2トーンルーフ仕様で、“シフォンアイボリーメタリック”“パッションオレンジ”など、全4色を設定した。
また、ディスチャージヘッドランプやLEDフロントフォグランプを搭載するなど、装備を充実させた。
「ハスラー」の一部仕様変更では、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」のデュアルカメラブレーキサポートをGとGターボに標準装備※した。また、内装のカラーパネルやシートパイピングの設定色の見直しに加え、メッキフロントグリルやメッキドアハンドルを採用し、上質な印象を持たせた「J」「Jターボ」を新グレードとして設定した。
※CVT車に標準装備

コメントは受け付けていません。