小型乗用車「ランディ」を一部仕様変更して発売

スズキ、小型乗用車「ランディ」を一部仕様変更して発売
2018年9月7日

ランディ 2.0G

スズキ株式会社は、3列シート8人乗りミニバンの小型乗用車「ランディ」を一部仕様変更し、9月7日より発売する。

「ランディ」は、ゆったり乗れる広い室内空間と運転のしやすさ、多彩なシートアレンジなどで好評を得ているミニバンタイプの小型乗用車である。

今回の一部仕様変更では、夜間の周囲状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替える「ハイビームアシスト」を搭載したほか、低速走行での前進や後退時に障害物への衝突防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」に「歩行者検知機能(前進時)」を追加した。
さらに、道路標識をメーター内に表示させてドライバーに通知する標識検知機能に、新たに「最高速度標識検知」と「一時停止標識検知」を追加するなど、安全運転をサポートする機能を充実させた。

コメントは受け付けていません。