スズキ、軽乗用車 「ハスラー」に「S-エネチャージ」を搭載して発売


スズキ株式会社は、軽乗用車「ハスラー」に、加速時にモーターでエンジンをアシストする「S-エネチャージ」を搭載した機種※1を設定し、5月13日より発売する。
今回、「ハスラー」のNA(自然吸気)・CVT車に搭載していた「エネチャージ」※2を、「S-エネチャージ」に変更した。モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」と燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせることで、2WD車は32.0km/L※3の優れた燃費性能を達成した。「S-エネチャージ」搭載車は、全車エコカー減税の免税対象車とした。
併せて「ハスラー」全車に、車体色「クリスタルホワイトパール」、「クリスタルホワイトパール ブラック2トーンルーフ」※2を新たに設定した。
• ※1 「G」のNA・CVT車、「X」のNA車、特別仕様車「J STYLE」に搭載。
• ※2 「A」は除く。
• ※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):「G」CVT・「X」・特別仕様車「J STYLE」の2WD車。

コメントは受け付けていません。