2018年5月 のアーカイブ

スズキ、小型乗用車「スイフト」がJNCAP衝突安全性能評価で最高ランクの「ファイブスター賞」を受賞

2018年5月31日 木曜日

スズキ、小型乗用車「スイフト」が
JNCAP衝突安全性能評価で最高ランクの「ファイブスター賞」を受賞

〜予防安全性能評価でも最高ランクの「ASV++」を獲得〜

スイフトHYBRID RS
セーフティパッケージ装着車

スズキ株式会社の小型乗用車「スイフト」の「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」搭載車※1が、平成29年度JNCAP※2自動車アセスメントの衝突安全性能評価において最高ランクの評価となる「ファイブスター賞」を受賞した。
また、同時に「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」および「全方位モニター」搭載車※3が、予防安全性能評価において最高ランクの評価となる「ASV++」を獲得した。

JNCAP自動車アセスメントは、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA※4)が自動車の安全性能を評価し、結果を公表する制度である。
衝突安全性能評価は、自動車の総合的な衝突安全性能を評価するもので、「乗員保護性能評価」、「歩行者保護性能評価」、「座席ベルトの非装着時警報装置(シートベルトリマインダー)評価」の3項目での評価スコアを基に5段階の総合評価が行われている。
また、予防安全性能評価は、予防安全装置の性能を評価するもので、「前方車両に対する衝突被害軽減制動制御装置」、「前方歩行者に対する衝突被害軽減制動制御装置」、「車線逸脱抑制装置」、「後方視界情報提供装置(バックビューモニター)」の4項目での評価スコアを基に3段階の総合評価が行われている。

「スイフト」は、軽量高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に加え、軽量衝撃吸収ボディー[TECT(テクト)]を採用し、衝突時の安全性能の向上を図った。さらに、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」を採用※1するなど、アクティブセーフティとパッシブセーフティの両面から安全対策を図っている。経済産業省や国土交通省などが普及を促進する「セーフティ・サポートカー※5」の「サポカーS ワイド※6」に該当する。

※1 HYBRID SLに標準装備。RSt、HYBRID RS、RS、HYBRID ML、XLにセーフティパッケージとしてメーカーオプション設定。
※2 JNCAP:Japan New Car Assessment Program
※3 HYBRID SLに全方位モニター用カメラパッケージとしてメーカーオプション設定。RSt、HYBRID RS、RS、HYBRID ML、XLにセーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージとしてメーカー オプション設定。全方位モニターは、対応ナビゲーションの装着を前提とした仕様。
※4 NASVA:National Agency for Automotive Safety and Victim’s Aid
※5 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称。略称・サポカー。
※6 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

スズキ、新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発売

2018年5月16日 水曜日

スズキ、新型軽トラック「スーパーキャリイ」を発売

-ゆとりある室内空間と、軽トラック初※1となる前後の誤発進抑制機能を装備-

スーパーキャリイ X

スズキ株式会社は、広く使い勝手が良い室内と、軽トラックで初めて※1前後の誤発進抑制機能を採用した新型「スーパーキャリイ」を5月16日より発売する。

新型「スーパーキャリイ」は、扱いやすいエンジン、広い荷台、頑丈な車体で好評の軽トラック「キャリイ」に追加設定した新型軽トラックである。

「キャリイ」に対し、キャビンを後方へ拡大し室内空間を広くすることで、シートリクライニング機構の採用やシートスライド量を増やして、ゆとりある運転姿勢を可能とした。
全車、頭上空間にゆとりをもたせたハイルーフ仕様とし、頭上に荷物を収納できるオーバーヘッドシェルフを装備。また、座席後方には、荷物を置くスペースを確保するなど、収納性を向上させながら、キャビン下に空間を設け「キャリイ」と同等の荷台フロア長を実現した。
安全装備として、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を軽トラックで初めて※1採用し、全車に標準装備した。

新型「スーパーキャリイ」の発売にあわせて、「キャリイ」にも誤発進抑制機能と後方誤発進抑制機能を標準装備(KX、特別仕様車KCスペシャル、農繁スペシャル)したほか、メーカーオプション設定車※2を増やし、安全装備の充実を図った。
※1 軽自動車トラッククラス。2018年5月現在、スズキ調べ。
※2 キャリイ「KCパワステ」「KCエアコン・パワステ」「KC農繁仕様」にメーカーオプション設定。

販売目標台数(年間) 「キャリイ」シリーズ 65,000台

新型「スーパーキャリイ」の主な特長

1. キャビンを拡大し、広くて使い勝手の良い室内空間
「キャリイ」に対し、キャビンを後方へ460mm拡大し広い室内空間を実現。
運転席はクラストップ※1のリクライニング角度最大40°とシートスライド量180mmを実現。大柄な方でも乗用車のような、ゆとりある姿勢での運転が可能。(助手席シートスライド量100mm、助手席シートリクライニング角度24°)
全高1,885mm(キャリイ+120mm)の全車ハイルーフ仕様とし、余裕の頭上高を確保。ファイル等の収納に便利なオーバーヘッドシェルフを標準装備。
座席後方には、大容量のシートバックスペースを確保。高さ920mm×横幅1,235mm×長さ250mmのシートバックスペースは、荷台に置けない貴重な工具、雨に濡らしたくない衣類や食品、大事な書類など、さまざまな収納に活用可能。
助手席前倒し機構をクラス初搭載※1。助手席背面には、外出先でのデスク作業や食事等に活用できるシートバックテーブルを採用。

2. しっかり積める荷台スペース
荷台床面をキャビン下まで伸ばしたレイアウトを採用し、荷台フロア長1,975mmを確保。脚立や草刈り機など、薄型の長尺物は、キャリイ同様に積載が可能。
荷台長は1,480mmで必要十分な荷台スペースを確保。自転車などが積載可能。

3. 軽トラックで初めて※1採用、前後の誤発進抑制機能を標準装備
車両の前方及び後方に計4つの超音波センサーを装備。超音波センサーで障害物を検知し、衝突被害を軽減する「誤発進抑制機能」を軽トラックで初めて※1車両の前後に採用し、全車に標準装備。

バレーノ XT

2018年5月16日 水曜日

スズキ、小型乗用車「バレーノ」のターボエンジン搭載車を
レギュラーガソリン仕様に変更

「バレーノ XT」

スズキ株式会社は、ハッチバックタイプの小型乗用車「バレーノ」の1.0Lターボエンジン搭載車の使用燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンに変更し、5月16日より発売する。

小型乗用車「バレーノ」は、2016年3月から国内で販売を開始し、1.2L自然吸気エンジンと1.0Lターボエンジン※の2種類を設定している。
今回、1.0Lターボエンジンを1.2L自然吸気エンジンと同様、経済的なレギュラーガソリン仕様に変更することで、幅広いお客様に選んでいただけるようにした。

「バレーノ」は、インドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、日本で輸入車として販売するスズキのグローバルコンパクトカーである。

※ 1.0Lターボエンジン搭載車は2016年5月から発売開始。