2017年12月 のアーカイブ

スズキ、小型乗用車 新型「クロスビー」を発売

2017年12月25日 月曜日

スズキ、小型乗用車 新型「クロスビー」を発売
~ワゴンとSUVを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン~

クロスビー「HYBRID MZ」

スズキ株式会社は、使いやすく広い室内空間を持つワゴンとSUV(スポーツ用多目的車)の楽しさを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン 新型「クロスビー」を2017年12月25日より発売。

新型「クロスビー」は、ワゴンに求められる広い室内空間と日常の使いやすさに加え、個性的で愛着がわくデザイン、雪道などラフロードに対する力強い走破性とSUVの実用性を兼ね備えた。街乗りからアウトドアやスポーツなどのレジャーを好まれる方まで、幅広いユーザーのライフスタイルに適応する、全く新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴンである。

お客様の安心・安全な運転を支援するスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、スズキ小型車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を装備した。
さらに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー※1」の「サポカーS ワイド※2」に該当する。

軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム[HEARTECT(ハーテクト)]を採用。全車スズキ初となる1.0L直噴ターボエンジンとマイルドハイブリッドの組み合わせに、6速ATを採用し、余裕のある走りと優れた燃費性能を両立した。
4WD車には、力強い走りの「スポーツモード」、雪道やアイスバーンでの発進・加速時にタイヤの空転を抑える「スノーモード」の2つのモードを新たに採用。ぬかるみや滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」、急な坂を下る際に車速を約7km/hに維持する「ヒルディセントコントロール」の2つの機能と合わせて標準装備とした。
※1 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称、通称「サポカー」。
※2 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速制御装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速制御装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。
*安全運転を支援する機能は、交通事故の防止や被害軽減に役立ちますが、検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売

2017年12月14日 木曜日

スズキ、新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売
― 安全装備を充実。家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン ―


スペーシア「HYBRID X」


スペーシア カスタム「HYBRID XSターボ」

スズキ株式会社は、ハイトワゴンタイプの軽乗用車、「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を全面改良し12月14日より発売する。

このたび全面改良を行った新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」は、お客様の安心・安全な運転を支援するスズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を採用し、安全装備を充実させた。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」に加え、軽自動車で初めて※1後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」を採用するなど、前後の衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備した。
さらに、フロントガラスに進入禁止の道路標識や車両情報などをカラー表示するヘッドアップディスプレイ、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を軽自動車で初採用※1するなど、安全運転を支援する機能を充実させた。新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー※2」の「サポカーS ワイド※3」に該当する。

新型「スペーシア」は「ワクワク」を、「スペーシア カスタム」は「圧倒的な迫力と存在感」を表現した、2つの個性的なデザインを採用。
より広い室内空間に、低床で開口を広くした乗り降りがしやすい後席両側スライドドアや、荷室高を拡大して大きな荷物も入れやすくなったラゲッジルームなど、利便性をさらに向上させたパッケージングを採用。運転する人だけでなく後席に乗る人にも快適な機能や装備を充実させた。
軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に、発進時にモーターのみで走行できる※4マイルドハイブリッドを全車に搭載し、30.0km/L※5の低燃費を達成した。

新型「スペーシア」、「スペーシア カスタム」の主な特長
1.軽自動車初※1となる後退時ブレーキサポートなど充実した安全装備
2.遊び心とワクワク感のある個性的なデザイン
3.広い室内空間とスライドドアで利便性に優れたパッケージング
4.乗る人全員が快適に過ごせる様々な装備
5.モーターのみで走行できる※4マイルドハイブリッド

「アルト ラパン」、「ソリオ」、「イグニス」の3車種に特別仕様車「Sセレクション」を設定し発売

2017年12月7日 木曜日

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」、
小型乗用車「ソリオ」、「イグニス」の3車種に
特別仕様車「Sセレクション」を設定し発売


アルト ラパン
特別仕様車「Sセレクション」


ソリオ
特別仕様車「Sセレクション」


イグニス
特別仕様車「Sセレクション」

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」、小型乗用車「ソリオ」、「イグニス」に、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」をはじめ装備を充実させた特別仕様車「Sセレクション」を設定し、12月7日より発売する。

アルト ラパン 特別仕様車「Sセレクション」は、「スズキ セーフティ サポート」として、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能を搭載したほか、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定した。Sをベースに、2種類のシートと7色の車体色から選べる組み合わせを設定した。インテリアは、キルティング柄とチェック柄の特別色2種類から選択できるようにしたほか、落ち着いたオレンジ色の専用ドアトリムクロス、ヴィンテージ調の木目柄を取り入れたインパネなどを採用し、落ち着いた中にもアクセントを効かせた印象とした。また、ピラー部分までを白色とした2トーンルーフや、専用メッキフロントグリル、「ナノイー」搭載フルオートエアコンなどを採用した。

ソリオ 特別仕様車「Sセレクション」は、「スズキ セーフティ サポート」として、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載したほか、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定した。Gをベースに、フロントシートSRSサイドエアバッグを採用したほか、「ナノイー」搭載フルオートエアコンや、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、後席両側ワンアクションパワースライドドアなどの快適・便利な装備を充実させた。車体色は、特別設定のブラック2トーンルーフ2色を含めた全7色とした。

イグニス 特別仕様車「Sセレクション」は、「スズキ セーフティ サポート」として、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載したほか、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定した。HYBRID MXをベースに、内装には助手席シートヒーター(2WD車)や本革巻ステアリングホイール、外装にはLEDヘッドランプなどの装備を充実させた。車体色は青色をはじめ全8色とし、車体色に合わせて2色の内装色を設定した。

スズキ、軽乗用車「ハスラー」に2つの特別仕様車を設定し発売

2017年12月4日 月曜日

スズキ、軽乗用車「ハスラー」に
2つの特別仕様車を設定し発売

ハスラー
特別仕様車「FリミテッドII」

スズキ株式会社は、軽乗用車「ハスラー」に、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」をはじめ装備を充実させた特別仕様車「FリミテッドII」および「J STYLEIII」を設定し、12月4日より発売する。

特別仕様車「FリミテッドII」は、「スズキ セーフティ サポート」として、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能を搭載。さらに、メーカーオプションとしてデュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を設定するとともに、全方位モニター用カメラパッケージをセットで選択可能とした。Gをベースに、ハスラー初となるスチールシルバー2トーンルーフや車体色同色のフロント・リヤバンパーガーニッシュを採用し、よりアクティブでカジュアルな印象としたほか、LEDサイドターンランプ付ドアミラーや「ナノイー」搭載フルオートエアコンを採用するなど、装備の充実を図った。車体色は全車にスチールシルバー2トーンルーフを採用し、ボディーカラーは青色をはじめ全4色とした。
特別仕様車「J STYLEIII」は、「スズキ セーフティ サポート」として、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載したほか、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプション設定した。X、Xターボをベースに、スモークメッキを施したフロントグリルや、チタンシルバーをアクセントとした落ち着いたネイビー色のインパネ、レザー調とファブリックのシート表皮を採用したインテリアで、より上質感にこだわり、落ち着いた印象とした。さらに、SUVテイストを強調するルーフレールを標準装備した。車体色には、スチールシルバー2トーンルーフとブラック2トーンルーフを採用し、ボディーカラーに水色をはじめとする全7色を設定した。