2017年7月 のアーカイブ

エスクード 1.4ターボ

2017年7月26日 水曜日

スズキ株式会社は、コンパクトSUV「エスクード」に、1.4L直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード 1.4ターボ」を追加して7月26日より発売する。

「エスクード 1.4ターボ」は、2.0L自然吸気エンジン並みの高出力・高トルクを発揮する1.4L直噴ターボのブースタージェット エンジンに6速ATを組み合わせ、スポーティーで力強い走りを実現した。外観は躍動感あふれる新しいデザインのメッキフロントグリル、専用色アルミホイール、ルーフレールを装備した。黒を基調にした内装は赤のアクセントカラーを施し、専用ステアリングホイールと専用ペダルプレートを採用してスポーティーな印象とした。

「エスクード」は、欧州で徹底して走り込み実現した安定感のある足まわりを特長とし、「エスクード 1.6」にも採用している新世代四輪制御システム「ALLGRIP(オールグリップ)」、衝突被害軽減システム「レーダーブレーキサポートⅡ(RBSⅡ)」や、ロングドライブをサポートするアダプティブクルーズコントロール(ACC)をはじめとする先進の安全装備などを採用している。
「エスクード 1.4ターボ」は、これらの装備に加えSRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備して安全装備を充実させた。

「エスクード」は、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売する。ゆとりある走りの1.6L自然吸気エンジン搭載車に加え、スポーティーな走りの1.4L直噴ターボエンジン搭載車を追加することでエスクードのラインアップを強化し、街乗りからアウトドアレジャーまで幅広い用途に対応するモデルとした。

スイフト HYBRID SL

2017年7月12日 水曜日

スズキ株式会社は、駆動用モーターとオートギヤシフトを組み合わせたスズキ独自のハイブリッドシステムを搭載した小型乗用車 新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」を追加し、7月12日より発売する。

新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」に搭載したスズキ独自のハイブリッドシステムは、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU=Motor Generator Unit)と、軽量コンパクトで伝達効率に優れたオートギヤシフト(AGS)を組み合わせ、走行中に蓄えた電力をMGUに供給することで、モーターによるアシスト走行に加え、クリープ走行時や一定速走行時にはエンジンを自動停止してEV走行も可能とした。

キビキビとした走りと、EV走行の頻度を高めた燃費優先の走りを使い分けることができる2つの走行モードを設定し、スイフトならではのしっかりしたハンドリング性能はそのままに、32.0km/L※の低燃費と、AGSとMGUによるダイレクト感のある走りを両立させた。
車両重量は1,000kg以下に抑え、エコカー減税の免税対象車とした。

「スイフト HYBRID SL」には、素早い加速感とスポーティーなシフトフィールを楽しめるパドルシフトに加え、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめとする先進安全技術や、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備した。

※ 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)