2015年5月 のアーカイブ

スズキ、32.0km/L※1の低燃費と軽初※2のステレオカメラ方式の衝突被害軽減システムを搭載した軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売

2015年5月19日 火曜日

スズキ、32.0km/L※1の低燃費と
軽初※2のステレオカメラ方式の衝突被害軽減システムを搭載した
軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「スペーシア」、「スペーシア カスタム」を一部改良し、クラストップレベル※3の低燃費32.0km/L※1を達成するとともに、軽自動車で初めて※2ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載して、5月19日より発売する。
今回の一部改良では、「スペーシア」、「スペーシア カスタム」のNA(自然吸気)車に、静かでスムーズなアイドリングストップからのエンジン再始動を実現した「S-エネチャージ」を搭載した。さらに、モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」と燃焼効率を高めるなど改良を施したR06A型エンジンを組み合わせることで、クラストップレベル※3の低燃費32.0km/L※1を達成。NA全車をエコカー減税の免税対象車とした。
軽自動車として初めて※22つのカメラを採用したステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を搭載。約5km/hから約100km/hの速度域で車両や歩行者を検知し、警報や自動ブレーキで衝突の回避、または衝突時の被害軽減を図るシステムで、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能などとセットで全車にメーカーオプション設定※4し、安全装備を充実させた。
また、自車を真上から見ているような視点で周囲を確認でき、駐車場や狭い道でのすれ違いで便利な全方位モニター※5や、「ナノイー」搭載のフルオートエアコン※6、プレミアムUV&IRカットガラス※6(フロントドア)などを採用し利便性や快適性を高めたほか、質感を高めた内外装デザインを採用した。
*「ナノイー」はパナソニック(株)の商標。
なお、「スペーシア」、「スペーシア カスタム」に「S-エネチャージ」を搭載したターボモデルは、2015年8月に発売を予定している。
販売目標台数(月間) 「スペーシア」、「スペーシア カスタム」 合計8,500台
• ※1 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):スペーシアG・X(後席右側ワンアクションパワースライドドア装着車を除く)の2WD車。
• ※2 2015年5月現在、スズキ調べ。
• ※3 クラス=全高1,700mm以上のハイト型2BOX軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2015年5月現在、スズキ調べ。
• ※4 デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(R)、トップシェード付フロントガラス(スペーシア カスタムは標準装備)をセットで全車にメーカーオプション設定。
*ESPはDaimler AGの登録商標。
• ※5 全方位モニターはメモリーナビゲーションとセットでメーカーオプション設定。(スペーシアX、スペーシア カスタムXS)
• ※6 スペーシアX、スペーシア カスタムXSに標準装備。

スズキ、軽乗用車 「ハスラー」に「S-エネチャージ」を搭載して発売

2015年5月13日 水曜日


スズキ株式会社は、軽乗用車「ハスラー」に、加速時にモーターでエンジンをアシストする「S-エネチャージ」を搭載した機種※1を設定し、5月13日より発売する。
今回、「ハスラー」のNA(自然吸気)・CVT車に搭載していた「エネチャージ」※2を、「S-エネチャージ」に変更した。モーターアシストする時間と頻度を増やした「S-エネチャージ」と燃焼効率を高めるなどの改良を施したR06A型エンジンを組み合わせることで、2WD車は32.0km/L※3の優れた燃費性能を達成した。「S-エネチャージ」搭載車は、全車エコカー減税の免税対象車とした。
併せて「ハスラー」全車に、車体色「クリスタルホワイトパール」、「クリスタルホワイトパール ブラック2トーンルーフ」※2を新たに設定した。
• ※1 「G」のNA・CVT車、「X」のNA車、特別仕様車「J STYLE」に搭載。
• ※2 「A」は除く。
• ※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):「G」CVT・「X」・特別仕様車「J STYLE」の2WD車。