2013年7月 のアーカイブ

スズキ、小型乗用車「スイフト」に新開発「デュアルジェット エンジン」と「エネチャージ」搭載車を設定

2013年7月17日 水曜日

スズキ、小型乗用車「スイフト」に
新開発「デュアルジェット エンジン」と「エネチャージ」搭載車を設定
-走りの楽しさと低燃費を高次元で両立-

スイフト XS-DJE特別仕様車 スイフトRS
スズキ株式会社は、小型乗用車「スイフト」に、新開発「デュアルジェット エンジン」と「エネチャージ」をはじめとする低燃費化技術を搭載した新グレードを設定し、7月17日より発売する。

今回「スイフト」に設定した新グレードは、低燃費と力強い走りを両立した新開発「デュアルジェット エンジン」に、減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や、新アイドリングストップシステムなどスズキグリーン テクノロジーを小型車で初めて搭載。
グレード名の後に「デュアルジェット エンジン(Dual Jet Engine)」×「エネチャージ(Ene-charge)」を表す「DJE」を表記した。
スイフト本来の走りの楽しさに磨きをかけながら、1.2L以上のガソリン車トップ※1の低燃費26.4kmL※2を達成、エコカー減税の免税対象車※3とした。
さらに、燃費の良い運転状態やエネルギーフロー、エコドライブ度の採点などを表示する専用メーターを新設計し、エコドライブを支援する。

同時に、「スイフト」は一部改良を行い、全機種にESP(R)(車両走行安定補助システム)を標準装備して、安全装備の充実を図った。「スイフト」XG、XL、XSならびに特別仕様車「スイフト RS」は、4WD車の燃費を改善し、CVT車を全てエコカー減税の50%減税対象車※3とした。また、フロントバンパーやグリルなどのデザインを変更したほか、特別仕様車「スイフト RS」は外観にRS専用部品を採用することで、よりスポーティーなデザインとした。

スズキ、軽乗用車「MRワゴン Wit」を発売

2013年7月16日 火曜日

2013年7月16日
スズキ、軽乗用車「MRワゴン Wit」を発売
~軽ワゴンNo.1の低燃費※130.0km/L※2を達成~

MRワゴン Wit TS
スズキ株式会社は、軽乗用車「MRワゴン」に、若年女性に好まれるエレガントなデザインと上質な室内空間を特長とする「MRワゴン Wit」を設定して、7月16日より発売する。
「MRワゴン Wit」は、目力を感じさせる専用ヘッドランプや表情を引き締めるメッキ加飾付フロントグリルなどを採用した気品を感じるエクステリアと、アイボリーとブラウンの2トーンを基調とした内装やレザー調の専用シート表皮等を採用した上質感あふれる室内空間とした。
また、MRワゴンを一部改良して、シリーズ全機種にスズキ独自の減速エネルギー回生機構「エネチャージ」、「新アイドリングストップシステム」、「エコクール」などの低燃費化技術を採用し、NA(自然吸気)エンジン搭載の2WD車は軽ワゴンNo.1の低燃費※130.0km/L※2を達成。ターボ車も軽ワゴンターボ車No.1の低燃費※127.0km/L※2を達成し、全機種をエコカー減税※3の免税対象車とした。
※1 軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値に基づく。ワゴンRの一部グレードも同率となります。(2013年7月現在、スズキ調べ)
※2 燃料消費率JC08モード走行。(国土交通省審査値)(2WD車)
※3 環境対応車普及促進税制(エコカー減税)による自動車取得税の減税措置は平成27年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成27年4月30日新車届出まで。