2010年8月 のアーカイブ

スズキ、小型乗用車 新型「スイフト」を発売

2010年8月26日 木曜日

スズキ、小型乗用車 新型「スイフト」を発売

~磨き抜いた走り、デザイン、環境性能、すべてを進化させた新基準コンパクト~

 スズキ株式会社は、優れた走行性能とデザインで好評をいただいている小型乗用車「スイフト」を全面改良し、8月26日に発表、9月18日より発売する。

「スイフト」は、世界に通用するコンパクトカーを目指して開発を行い、2004年11月に日本で発売を開始して以来、日本・欧州・インド・中国など世界8拠点で生産するスズキの世界戦略を担う小型乗用車である。スイフトは、世界で高く評価されたしっかりしたハンドリングと高い走行性能、個性的でスポーティーなデザイン、取り回しのしやすいコンパクトなサイズ、使い勝手の良さ等で好評をいただき、これまでに世界124ヶ国で累計約180万台※1を販売している。

※1 2010年7月末現在

今回発売する新型「スイフト」は、軽量化と高剛性を両立した新しいプラットフォーム、吸排気VVTを採用した新エンジン、副変速機構付新CVTの採用などにより、スイフトの特長である“気持ち良い走り”に磨きをかけた。また、ひと目でスイフトと分かるシルエットはそのままに、伸びやかで安定感を感じさせる洗練されたデザインを採用した。さらに2WD・CVT車で23.0km/L※2を達成し、全機種を環境対応車普及促進税制(エコカー減税)に適合させて環境性能を向上するなど、すべてを進化させた新基準コンパクトとして開発した。

※2 燃料消費率10・15モード走行(国土交通省審査値)

スズキ、軽ワゴン車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良

2010年8月20日 金曜日

スズキ、軽ワゴン車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良


~アイドリングストップシステム採用車を設定~

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良し、アイドリングストップシステム採用車を新設定するなど燃費の向上を図るとともに、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)対象の機種を拡大させて8月20日より発売する。

 「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」は、「個性的で存在感あふれるスタイリング」「乗り降りや運転のしやすさ」「室内空間の広さ」といった優れたパッケージングにより、幅広い層のお客様より高い評価を頂いている軽ワゴン車である。

今回の一部改良では、新開発のアイドリングストップシステムを採用した機種を設定したほか、副変速機構付CVTを搭載するなど燃費の向上を図り、軽ワゴン車トップ※1の 燃費25.0km/L※2を達成(「FX アイドリングストップ」)。新たにターボ・2WD車も「平成17年度排出ガス基準75%低減レベル」を達成し、エコカー減税対象機種を拡大した。

また、CVT車、4AT車に、燃費効率が良い運転状態になると点灯するエコドライブインジケーターを新採用したほか、「FXリミテッド」、「スティングレーT」の2WD車に、走行中にパンクしても、80km/h以下のスピードで約80kmまで走行が可能なランフラットタイヤをメーカーオプション設定した。

  • ※1 2010年7月末現在 スズキ調べ
  • ※2 10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)

スズキ、軽ワゴン車「パレット」「パレットSW」を一部改良

2010年8月20日 金曜日

スズキ、軽ワゴン車「パレット」「パレットSW」を一部改良

~燃費向上でエコカー減税対象機種を拡大~

 スズキ株式会社は、軽乗用車「パレット」「パレットSW」を一部改良し、燃費を向上させて環境対応車普及促進税制(エコカー減税)対象の機種を拡大、また「パレット」に新しいターボ機種を設定して8月20日より発売する。

「パレット」「パレットSW」は、広々としたゆとりある室内空間と、乗り降りしやすい後席両側スライドドアで好評を得ている軽ワゴン車である。
今回の一部改良では、副変速機構付CVTに改良を加え、CVTの制御を変更するなど効率を高めたことで22.5km/L(2WD・CVT車)※1を達成した。また全車に燃費効率の良い運転状態をお知らせするエコドライブインジケーターを採用。さらに「パレット」には、新たにターボエンジンを搭載した機種「T」を設定し、お客様にお選びいただけるラインアップを拡充した。

※1 10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」を一部改良

2010年8月20日 金曜日

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」を一部改良

~全機種がエコカー減税対象車~
 
スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」を一部改良し、DOHC VVTエンジン(NAエンジン)搭載車の燃費を改善するとともに、ターボエンジン搭載車を含めた全機種を環境対応車普及促進税制(エコカー減税)に適合させて8月20日より発売する。

「アルト ラパン」は、個性的なデザインに加え快適な空間と心地良い走りなどで若い女性を中心に好評を頂いている軽乗用車である。
今回の一部改良では、新たに副変速機構付CVTを全機種に搭載。NAエンジン搭載車については25.0km/L※1(2WD・CVT車)を達成した。ターボエンジン搭載車についても「平成17年排出ガス基準75%レベル」を実現し、全ての機種が環境対応車普及促進税制に適合した。また、全車に燃費効率の良い運転状態をお知らせするエコドライブインジケーターを標準装備した。

※1 10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)