2010年5月 のアーカイブ

エブリイ エブリイワゴン 2010年5月18日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、「エブリイ」「エブリイワゴン」を一部改良して発売
― オートマチック車の燃費を向上

スズキ株式会社は、軽乗用車「エブリイワゴン」、軽商用車「エブリイ」のオートマチック車の燃費を向上させるなど、一部改良して5月18日より発売する。

「エブリイワゴン」「エブリイ」は、広い室内空間と荷室により、レジャーからビジネス用途まで幅広く好評をいただいている軽自動車である。今回の一部改良では、全てのオートマチック車と、「JOINターボ」(5速マニュアル)の燃費を0.2km/L向上させた。

※ 燃料消費率10・15モード走行(国土交通省審査値)にて従来型と比較。

また、「PZターボ」「PZターボスペシャル」は、フロントバンパーやメッキグリルなどのデザインを変更し、フォグランプの形状変更やリヤコンビランプのクリアレンズ化を行うことで、個性的で洗練された外観としたほか、シート表皮のデザインを変更し内装の質感を高めた。

エブリイシリーズ共通の変更点

  • NA車(3速オートマチック)はギヤ比を見直すことで、燃費を0.2km/L向上させた。
  • ターボ車(4速オートマチック、5速マニュアル)はエンジンの圧縮比を上げ、燃費を0.2km/L向上させた。
  • ターボ車は、ターボチャージャーの効率を高めるなど、中低速トルクを向上させることで、街中で走りやすくした。

エブリイワゴン「PZターボ」「PZターボスペシャル」の主な変更点

  • フロントバンパーとリヤバンパーをスポーティーなデザインに変更した。
  • 洗練された印象のフロントメッキグリルを採用した。
  • サイドアンダースポイラーのデザインを変更した。
  • サイドターンランプに、色味を押さえたホワイトレンズを採用した。
  • 丸型のマルチリフレクターフォグランプを採用した。
  • リヤコンビランプに、透明感のあるクリアレンズを採用した。
  • シート表皮のセンター部分を細かなブロック柄に変更した。
  • 車体色は新色の水色(ブリーズブルーメタリック)など、全5色を設定した。

*ブリーズブルーメタリックは6月より生産開始。

アルト 2010年5月11日

2010年5月24日 月曜日
スズキ、軽乗用車「アルト」に
4WD車の新機種「G4」を設定して発売

スズキ株式会社は、低燃費で経済的、気軽に使える軽乗用車「アルト」に4WD車の新機種「G4」を設定して、5月11日より発売する。

今回発売する「アルト G4」は、「G」グレードの4WD・CVT車をベースに、キーレスプッシュスタートシステム等を採用したほか、リヤシートを分割可倒式に変更するなど、日常での使い勝手を高めた。副変速機構付CVTの採用などにより、燃費は23.5km/Lを達成。環境対応車普及促進税制(エコカー減税)に適合している。

なお今回の「G4」の設定に伴い、「G」及び「X」グレードの全4WD車を「G4」の4WD・CVT車へと集約した。

※燃料消費率10・15モード走行(国土交通省審査値)

「アルト G4」の主な仕様、装備

  • 携帯リモコンを身に付けていれば、ブレーキを踏んでスイッチを押すだけでエンジン始動が可能な、キーレスプッシュスタートシステムを採用した。
  • シートが左右別々に倒せる分割可倒式リヤシートを採用した。
  • リヤシートヘッドレストを採用した。
  • 運転席シートヒーターを装備した。
  • ドアミラーの曇りなどを防ぐヒーテッドドアミラーを装備した。
  • 盗難抑制に役立つイモビライザーを装備した。

ジムニー 2010年4月9日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、ジムニー誕生40年記念車を発売
~「ジムニー」、「ジムニーシエラ」誕生40年記念車「Xクロス-Adventureアドベンチャー」~

スズキ株式会社が1970年4月より販売している軽四輪駆動車「ジムニー」が誕生40年を迎えた。スズキは「ジムニー」の誕生40年を記念して、軽四輪駆動車「ジムニー」と小型四輪駆動車「ジムニーシエラ」に誕生40年記念車「X-Adventure(クロスアドベンチャー)」を設定し、4月20日より発売する。

「ジムニー」は、1970年に身近な軽自動車ながら本格的な四輪駆動車として発売された。山岳地・積雪地での商業などの業務用から、手軽なレジャー用に至るまで、多用途に使える便利なクルマとして独自の市場を切り拓いてきた。

また、軽量コンパクトな車体に本格的な四輪駆動の優れた走破性能は、日本のみならず海外市場においても貴重な存在であり、世界188の国や地域で幅広くお客様にご愛用いただいている。

誕生から40年、小さく、軽く、使いやすい本格的な四輪駆動車という基本コンセプトを変えることなく、お客様の要望と時代の要請にあわせて進化を続けてきた「ジムニー」は、コンパクトカーを得意とするスズキを代表する個性的なモデルのひとつである。

今回発売する誕生40年記念車「X-Adventure」は、外装に専用のアルミホイール※1や専用アルミ製スペアタイヤハウジング※1を採用し、内装には汚れをふき取りやすいシート表皮※1を採用。また専用ロゴ入りのフロアマット※1を装備するなど、「ジムニー」が持つ活動的な印象を高めた、誕生40年記念モデルにふさわしい仕様とした。

※1 「ジムニー 誕生40年記念車 X-Adventure XA」は除く

アルト 2009年12月16日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、軽自動車 新型「アルト」を発売

スズキ株式会社は、低燃費で経済的、気軽に使える軽自動車新型「アルト」を12月16日より発売する。

「アルト」は、1979年5月に軽ボンネットバンとして初代モデルを発売。直線的でスマートなデザイン、機能を重視したシンプルなつくり、当時の常識を破る全国統一価格47万円でヒットし、女性を主な顧客層とする軽自動車の新しい市場を開拓した。以来、「アルト」はスズキのものづくりの精神を体現するクルマとして、お客様の要望と時代の要求に応えて進化してきた。

今回7代目となる新型「アルト」は、「省資源・低燃費で気軽に使え、世代を超えて愛される軽自動車」をコンセプトとして開発した。初代モデルから「運転のしやすさ」、「使い勝手の良さ」、「経済性の高さ」を受け継ぎ、「燃費性能」、「乗り心地」、「扱いやすさ」に磨きをかけ、毎日の暮らしに気軽に使える軽自動車とした。

低燃費と環境へのこだわり

優れた環境性能と経済性を実現するため、燃費・排出ガス性能を向上させた。車体の軽量化や副変速機構付CVTの採用などにより、2WD・CVT車で24.5km/Lを達成。全てのグレードの2WD・4WD車を環境対応車普及促進税制(エコカー減税)に適合させた。

※燃料消費率10・15モード走行(国土交通省審査値)

愛着がわく、親しみのもてるデザイン

外観は伸びやかでスタイリッシュなルーフライン、やさしい印象の丸みをおびたフロントフェイスなど、親しみやすいデザインとした。また内装は、ベージュとブラウンの配色など、優しく柔らかな印象とし、室内の広さを表現した横基調のデザインのインパネや見やすい大型メーターの採用など、デザイン性と機能性を併せ持った、世代を超えて愛される親しみのもてるデザインに仕上げた。

基本性能の向上と、使い勝手への配慮

2,400mmのホイールベースにより、ゆとりある快適な室内としっかりした走り、快適な乗り心地を実現した。また、見晴らしの良い運転席や乗り降りしやすい前後ドア開口部など、使いやすさを考えたパッケージングで毎日の生活での扱いやすさを高めた。

エブリイワゴン 2009年12月10日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、「エブリイワゴン」に特別仕様車「JPターボリミテッド」を設定して発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「エブリイワゴン」特別仕様車「JPターボリミテッド」を設定し、12月10日より発売する。

「エブリイワゴン」は、快適な居住空間と広い荷室空間により、日常の使い勝手を追求した軽乗用車である。

特別仕様車「JPターボリミテッド」は、フロントメッキグリルや各種スポイラー、アルミホイールなどを採用したほか、シート表皮を上質感のあるベージュ色に変更するなど、内外装の質感を高めスポーティーな印象とした。

特別仕様車「JPターボリミテッド」の主な仕様・装備

  • フロントメッキグリルを採用した。
  • フロント・サイド・リヤのアンダースポイラーを採用した。
  • 13インチのアルミホイールを装備した。
  • フロントフォグランプを装備した。
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラーを採用した。
  • ベージュ色のシートおよびドアトリム表皮を採用した。
  • 車体色は黒(ブルーイッシュブラックパール3)など、全4色を設定した。

パレット 2009年9月17日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、軽乗用車「パレット」に新型CVTを搭載し燃費を向上
さらに専用デザインの「パレットSW」を追加設定

スズキ株式会社は、軽乗用車「パレット」に、副変速機構付CVTを搭載するなど一部改良を加え、9月17日より発売する。
「パレット」は、広々としたゆとりある室内空間と、乗り降りしやすい後席両側スライドドアで好評を得ている軽ワゴン車である。
今回の一部改良では、発進時の加速性向上と低燃費の両立を図るため、市販車では世界初※1となる副変速機構付CVTを搭載し、環境対応車普及促進税制に適合した。また、車庫入れ等で便利なバックモニター付CDプレーヤーをオプション設定するなど、経済性や使い勝手といった軽自動車に求められる基本性能を高めた。

※1 2009年9月現在、スズキ調べ。

また、専用の内外装デザインを新たに採用した「パレットSW」を追加設定し、9月17日より発売する。
「パレットSW」は、ファミリー層のみならず若年独身層のユーザーも想定し、上記の一部改良の内容に加え、圧倒的な存在感を持つ専用デザインとした。フロントエアロバンパーやスケルトン構造のフロントグリル、スモークタイプのリヤコンビネーションランプ、専用デザインのアルミホイール等、シャープかつ力強い印象のエクステリアや、クロームメッキ加飾を随所に施した精悍な印象のブラック&ダークグレーインテリアを採用した。

環境対応車普及促進税制への適合

NA・CVT車の2WD車は「平成22年度燃費基準+20%」、4WD車は「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、環境対応車普及促進税制に適合した。

MRワゴン、MRワゴン Wit 2009年6月12日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、軽乗用車「MRワゴン」、「MRワゴン Wit」を一部改良し発売

エスクード 2009年6月9日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、エスクード特別限定車「オニール リミテッド」を発売

スズキ株式会社は、本格的四輪駆動のSUV(多目的乗用車)「エスクード」特別限定車「オニール リミテッド」を設定し、全国600台限定で6月9日より発売する。

「オニール リミテッド」は、XG(排気量2.4L)をベースに、世界中のサーファー達に支持されているサーフブランド「オニール」とタイアップし、電動サンルーフや専用防水シートなどを採用した特別限定車である。

特別限定車「オニールリミテッド」の主な仕様・装備

エクステリア

  • 専用フロントグリル[クロームメッキ]※1と、車体色と銀色の2トーン塗装を施したフロントアンダースポイラー※1を採用した。
  • 電動サンルーフを採用した。
  • 左右フロントドア、バックドアに「O’NEILL」エンブレムを貼付した。
  • ガンメタリック塗装を施した軽量18インチアルミホイールを装着した。
  • 紺、黒、パールホワイトの全3色の車体色を設定した。

インテリア

  • 「O’NEILL」ロゴ入りの専用防水シートや専用防水ドアトリムクロスを採用した。
  • 「O’NEILL」ロゴ入りの専用フロントトレーマット※1と、リヤフロアマット※1を採用した。
  • 専用のブラックカーボン調シフトパネル、パワーウィンドースイッチベゼルを採用した。

機能

  • ESP(R)※2を採用し、ヒルディセントコントロール、ヒルホールドコントロールを装備した。
  • ※1 販売会社装着品
  • ※2 ESPはDaimler AGの登録商標です。

ジムニー 2009年6月8日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、軽四輪駆動車「ジムニー」、小型四輪駆動車「ジムニーシエラ」に
特別仕様車「ランドベンチャー」を設定し発売

スズキ株式会社は、軽四輪駆動車「ジムニー」及び、小型四輪駆動車「ジムニーシエラ」に特別仕様車「ランドベンチャー」を設定し、6月8日から発売する。

「ランドベンチャー」は、アウトドアシーンから街乗りまで快適に使える装備を多数採用した特別仕様車である。
専用デザインのアルミホイールに加え、「ジムニー」は精悍な印象の専用フロントメッキグリル※1、「ジムニーシエラ」は個性的かつ力強い印象の専用フロントバンパーなど、存在感あふれる外観とし、内装には優れた防水性・透湿性をあわせ持つ「セルクロス(R)※2」を使用した専用シートや、専用フロアマット※1など機能的な特別装備を採用した。

  • ※1 販売会社装着品
  • ※2 セルクロスは住江織物株式会社の登録商標

特別仕様車「ランドベンチャー」共通の主な仕様・装備

エクステリア

  • LEDサイドターンランプ付ドアミラーを採用した。
  • 「LAND VENTURE」ロゴの専用サイドエンブレムを貼付した。
  • 専用スペアタイヤハウジング※1[LAND VENTUREロゴ入り]を採用した。
  • 新色の緑色「エバーグリーンパールメタリック」を含む全3色の車体色を設定した。

インテリア

  • 専用シートの一部表皮には優れた防水性・透湿性をあわせ持つ「セルクロス(R)※2」を採用し、専用ドアトリムクロスに変更した。
  • 専用フロアマット※1[LAND VENTUREロゴ入り]を装備した。
  • シルバーウッド調の専用センターガーニッシュを採用した。
  • 本革巻ステアリングホイールを採用した。

ジムニー 特別仕様車「ランドベンチャー」の主な仕様・装備

  • マルチリフレクターハロゲンフォグランプを採用した。
  • 電動格納式ヒーテッドドアミラーを採用した。
  • 専用デザインのアルミホイール(鏡面仕上げ)を採用した。
  • 太い縦スリットで精悍な印象の専用フロントメッキグリル※1を採用した。
  • 車体色と同色のカラードサイドアンダーミラーを採用した。
  • 運転席・助手席シートヒーターを装備した。
  • 運転席側にコインホルダーを装備した。

ジムニーシエラ 特別仕様車「ランドベンチャー」の主な仕様・装備

  • 専用デザインのアルミホイールを採用した。
  • 力強い印象の専用フロントバンパーを採用した。
  • 中央部にシルバー塗装を施した専用ルーフレールを採用した。

セルボ 2009年5月20日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、軽乗用車「セルボ」シリーズを一部改良して発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「セルボ」のDOHC VVTエンジン(NAエンジン)搭載車の燃費を改善し、2WD車については「環境対応車普及促進税制」に適合させたほか、一部改良を施して5月20日より発売する。

「セルボ」は、日常での使いやすさや利便性に加え、走りの快適性と運転する楽しさで好評を得ている軽乗用車である。
今回の一部改良では、NAエンジン搭載車の燃費を改善し、2WD車については「平成22年度燃費基準+15%」を達成。自動車取得税、自動車重量税の減免措置が受けられる「環境対応車普及促進税制」に適合させた。
また「G」、「Gリミテッド」グレードのフロントバンパーやフロントグリルの意匠変更や「TX」グレードにフロントエアロバンパーを採用したほか、シート表皮を変更するなど、内外装の質感を向上させた。

環境対応車普及促進税制への適合

  • NAエンジンの効率を高め、燃費を向上(2WD車:21.5km/L→22.0km/L)させた。2WD車については「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、「環境対応車普及促進税制」に適合させた。
  • 「SR」の2WD・4WD車は、直噴(DI)ターボエンジンとCVT(自動無段変速機)の組み合わせにより、軽ターボ車で唯一「環境対応車普及促進税制」に適合している。