‘ALTO アルト エコ’ カテゴリーのアーカイブ

スズキ、ガソリン車No.1※1の低燃費33.0km/L※2(2WD車)を達成軽乗用車「アルト エコ」を発売

2013年2月20日 水曜日

スズキ、ガソリン車No.1※1の低燃費33.0km/L※2(2WD車)を達成
軽乗用車「アルト エコ」を発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト エコ」に低燃費化技術を採用し、2WD車はガソリン車No.1※1の低燃費33.0km/L※2、新たに設定した4WD車は30.4km/L※2を達成し、3月4日より発売する。

今回の「アルト エコ」の一部改良では、スズキの次世代環境技術「スズキグリーン テクノロジー」を新たに採用した。
スズキ独自の減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や、さらに効率的に進化した「新アイドリングストップシステム」の採用により燃料消費を抑えた。車両重量を2WD車比で20kg軽量化したほか、エンジン・CVTのさらなる高効率化、空気抵抗などの走行抵抗を低減する技術を投入し、2WD車はガソリン車No.1※1の低燃費33.0km/L※2を達成した。また、今回新たに設定した4WD車を含め、「アルト エコ」全機種をエコカー減税の免税対象車とした。

「アルト エコ」は今回の一部改良に合わせて、内外装ともに専用のデザインを採用した。外装は専用デザインのフロントグリルをはじめ、シルバーのアクセントを随所に配したほか、内装にはライトグレーとブラウンを基調とした、明るく親しみやすい印象を持たせたことで標準車との差別化を図った。

さらに燃費の向上に加え、電波式キーレスエントリーやリヤシートヘッドレスト(ECO-S)の採用など、機能や装備をさらに充実させることで、使い勝手や安心感を向上させた。

また、「アルト」のその他機種についても、軽量化や改良型CVTの採用によりCVT車の燃費を向上したことで、一部機種においてエコカー減税の減税率が向上した。

スズキ、軽乗用車「アルト エコ」に「ECO-S エコブルーパッケージ」を追加して発売

2012年7月5日 木曜日

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト エコ」の内外装に、アクセントとなる水色を採用した「アルト ECO-S エコブルーパッケージ」を追加し、7月5日より発売する。

「アルト エコ」は、ご好評をいただいている軽乗用車「アルト」の機能や装備、使い勝手はそのままに、ガソリン車トップ※1の低燃費30.2km/L※2を達成。「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」により自動車取得税と自動車重量税が免税※3となる機種である。

今回発売する「アルト ECO-S エコブルーパッケージ」は、白の車体色に、ドアミラーやドアハンドル、シート表皮など内外装にアクセントとなる水色を採用し、一目で「アルト エコ」とわかる特徴的な配色とした。白地に水色が映える軽やかな印象としたことで、「アルト」標準車との差別化を図った。

  • ※1 JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。ハイブリッド車を除く。2012年6月現在、スズキ調べ。
  • ※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)
  • ※3 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成27年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成27年4月30日新車届出まで。

「アルト ECO-S エコブルーパッケージ」の主な特長

エクステリア

  • 白「スペリアホワイト」の車体色に、水色のカラードドアミラーとアウトサイドドアハンドル(バックドアを除く)を採用した。

インテリア

  • 水色のオーディオパネル、シート表皮、ドアアームレスト、インサイドドアハンドル、エアコンサイドルーバーを採用した。
  • ステアリングのSマークエンブレムに、水色のメッキを施した。

スズキ、軽自動車 新型「アルト エコ」を発売

2011年11月24日 木曜日

~ガソリン車トップ※1の低燃費30.2km/L※2を実現~


スズキ株式会社は、軽乗用車 「アルト」をベースに、ガソリン車トップ※1の低燃費である30.2km/L※2を実現した新機種「アルト エコ」を12月13日より発売する。

「アルト エコ」は、好評を頂いているアルトの機能や装備、使い勝手はそのままに、スズキの低燃費化技術を結集し、省資源・低燃費を徹底的に磨き上げて、ガソリン車トップ※1となる30.2km/L※2を達成したアルトの新機種である。

動力性能と燃費性能を高次元で両立させた新世代R06A型エンジンを採用。さらにエンジンおよび副変速機構付CVTの各パーツの見直しにより、フリクション(摩擦抵抗)低減を施し、パワートレイン全体で燃費性能を向上させた。

停車時に加え、停車直前の減速時からエンジンを停止する新アイドリングストップシステムを採用。アイドリングストップ中でもハンドル操作をすることで再始動を可能にするなど、使い勝手をさらに高めた。

車高を15mm下げ、形状を変更したフロントバンパーの採用により空気抵抗を低減させるとともに、あらゆる部品を見直して車体の軽量化と走行抵抗の低減を進め、アルトの標準車に対して30%以上の燃費向上を実現した。

商品名 JC08モード※2 10・15モード※3 平成17年
排出ガス基準
平成22年度
燃費基準
自動車取得税
自動車重量税
アルト ECO-L 30.2km/L 32.0km/L 75%低減レベル +25%達成 75%減税※4
アルト ECO-S
  • ※1 JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。ハイブリッド車を除く。2011年11月現在、スズキ調べ。
  • ※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)
  • ※3 燃料消費率10・15モード走行(国土交通省審査値)
  • ※4 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成24年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成24年4月30日新車届出まで。

「アルト エコ」の主な特長

スズキの新世代R06A型エンジン&CVTをさらに高効率化

  • 新世代のR06A型エンジンを採用し、さらにフリクションを低減する改良を施した。
  • 副変速機構付CVTをさらに改良し、フリクションを徹底して低減した。

新アイドリングストップシステムや省電力化などの様々なエコ機能

  • 燃費と操作性を向上させた、新アイドリングストップシステムを採用した。
  • 一部灯火類のLED化や、燃料ポンプシステムの改良により消費電力を抑えた。

徹底した軽量化で約-20kg※5を実現

  • エンジンルームまわりの骨格をはじめ、エンジンや足回り、内装に至るまで、さまざまな部品の見直しを行い、省資源・軽量化を徹底した。
  • ※5 「G」2WD/CVT車比。

空気抵抗、回転抵抗、転がり抵抗などの走行抵抗を低減

  • 空力性能の向上や、足回り部品、タイヤなどの変更により走行抵抗を低減した。

「アルト エコ」の主な装備

  • CDプレーヤー[AM/FMラジオ付]を標準装備した。
  • 低燃費走行時に点灯するエコドライブインジケーターを装備した。
  • 電波式キーレスエントリー[アンサーバック付]を装備した。(ECO-S)
  • 電動格納式カラードリモコンドアミラーを装備した。(ECO-S)
  • セキュリティアラームシステムを装備した。(ECO-S)
  • バックドアに「IDLING STOP」エンブレムを貼付した。
  • 車体色には新色となる緑味を帯びた白(リーフホワイト)をはじめ全6色を設定した。