‘アルト ラパン’ カテゴリーのアーカイブ

スズキ、軽乗用車 新型「アルト ラパン」を発売

2015年6月3日 水曜日

~こだわりのデザイン、女性にうれしい機能と装備を採用~

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」を全面改良し、6月3日より発売する。
「アルト ラパン」は、ライフスタイルを豊かにする“身近な雑貨や家具のような愛着のもてる道具”という発想から2002年1月に誕生して以来、若い女性ユーザーを中心に高い評価を得て、独自のポジションを築いてきた軽乗用車である。
3代目となる新型「アルト ラパン」は、女性がクルマに求めるものの調査・分析を行い、企画から開発、デザイン、機能・装備、アクセサリーの設定にいたるまで女性視点をふんだんに盛り込んだ。
新型「アルト ラパン」は、ぬくもりを感じるこだわりのデザインとし、ラパンならではの箱型のエクステリアに、丸みを加えた「まる しかくい」フォルムを実現。インテリアは、ソファやテーブルといったモチーフを取り入れ、自分の部屋のようにくつろげる空間を演出した。自分らしい一台を楽しんで選び、愛着を持っていただけるよう車体色と内装色の組み合わせを豊富に設定した。
広々とした室内空間には、デザイン性と使いやすさを追求した収納、「ナノイー」搭載のフルオートエアコン(X)、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)(L、S、X)の採用をはじめ、運転をサポートするメーター音声案内機能(S、X)や全方位モニター※1の設定など、女性にうれしい機能や装備を数多く採用した。
*「ナノイー」はパナソニック(株)の商標。
新プラットフォームと効率を高めたパワートレインの採用などにより、120kg※2の大幅な軽量化と35.6km/L※3の低燃費を実現。全車にレーダーブレーキサポート[衝突被害軽減ブレーキ]をはじめとする先進の安全技術を標準装備するなど、軽自動車に求められる基本性能も大幅に進化させた。
• ※1 全方位モニターはメモリーナビゲーションとセットでメーカーオプション設定。(L、S、X)
• ※2 新型アルト ラパン CVT車と先代アルト ラパン CVT車の比較
• ※3 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):2WD CVT車
新型「アルト ラパン」の主な特長
• (1) ぬくもりを感じる、こだわりのデザイン
• (2) ゆったりとした室内空間と女性にうれしい快適装備
• (3) 大幅に向上した35.6km/L※3の低燃費
• (4) 先進安全技術を全車に標準装備

軽乗用車「アルト ラパン ショコラ」を発売

2013年6月19日 水曜日

軽乗用車「アルト ラパン ショコラ」を発売

スズキ株式会社は、若年女性の好みを意識した専用デザインを採用した軽乗用車「アルト ラパン ショコラ」を、6月19日より発売する。 「アルト ラパン ショコラ」は、愛らしいスタイルとアクセサリー感覚の精緻なデザイン、スイーツ感覚の色彩表現の要素を取り入れた、こだわりの内外装を採用した軽乗用車である。 機能面でも女性に配慮し、フロントドアガラスに紫外線(UV)と赤外線(IR)をカットして、直射日光のジリジリ感を抑えるプレミアムUV&IRカットガラスを軽自動車で初めて※1採用し、フロントガラスにもIRカット機能を付加した(Xグレード)。 このほか、ウサギのアニメーションがエコドライブを支援するディスプレイを採用するなど、随所にこだわりのデザインを採用した。 加えて、「アルト ラパン ショコラ」は、停車時アイドリングストップの採用により、全機種エコカー減税の免税対象車とした。 同時に、「アルト ラパン」も一部改良を行い、NA(自然吸気)エンジン搭載のCVT車すべてをエコカー減税の免税対象としたほか、お求めやすい4AT車に4WDを追加、装備の充実も図った。 ※1 2013年6月現在、スズキ調べ。

スズキ、軽乗用車 新型「ワゴンR」に5MT車、「アルト ラパン」に4AT車を設定して発売

2012年12月19日 水曜日

スズキ、軽乗用車 新型「ワゴンR」に5MT車、
「アルト ラパン」に4AT車を設定して発売


スズキ株式会社は、軽乗用車 新型「ワゴンR」「FX」グレードにアイドリングストップシステムを搭載した5MT車を設定、軽乗用車「アルト ラパン」「G」グレードに4AT車を設定して、いずれも12月19日より発売する。

新型「ワゴンR」「FX」グレードの5MT車は、アイドリングストップ中でも冷風を室内に送る「エコクール」を採用している。また、エンスト時のエンジン再始動に役立つ「エンジンリスタート機能」※1を採用した。5MT車を追加することで、さらに幅広いお客様に対応した。なお、2WD車はエコカー減税※2の免税対象車とし、4WD車は75%減税対象車とした。

また、「アルト ラパン」「G」グレードの2WD車に、お求めやすい価格設定の4AT車を追加した。エコカー減税の50%減税対象車とした。

「ワゴンR FX 5MT車」の主な装備
•走行中にブレーキを踏んで停車し、シフト位置をニュートラルに戻しクラッチを離せば、自動でエンジンを停止するアイドリングストップシステム。
•アイドリングストップ中、エアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制する機構「エコクール」。
•エンスト時、シフト位置をニュートラルに戻し、クラッチを踏み込むだけでエンジンが再始動する新機能「エンジンリスタート機能」※1。
•フロアシフトと手動式パーキングブレーキ、セパレートタイプのフロントシート。
•収納に便利なインパネセンターポケットを採用。

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」に特別仕様車「Xセレクション」を発売

2012年10月10日 水曜日

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」に
特別仕様車「Xセレクション」を発売
~エコカー減税の免税対象車を設定~

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」に、女性に配慮した装備を充実させた特別仕様車「Xセレクション」を設定するとともに、「G」、「X」グレードの仕様を一部変更し10月10日より発売する。
今回発売する特別仕様車「Xセレクション」、「G」、「X」グレードの各2WD車は、アイドリングストップシステムを搭載して、26.0km/L※1の燃費を実現したことで「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、エコカー減税の免税※2対象とした。

特別仕様車「Xセレクション」は、「X」グレードをベースに、紫外線を約99%カットするプレミアムUVカットガラスや運転席シートヒーター※3、フルオートエアコンなど女性に配慮した装備を採用した。外装にはフロントメッキグリルやメッキドアハンドルの採用に加え、特別設定色として、紫色と茶色の車体色を設定した。内装は薄茶色を基調としたインパネに黒色の専用シート表皮を組み合わせ、随所にメッキやピアノブラック調の加飾を取り入れるなど、内外装ともにエレガントな印象とした。

スズキ、軽乗用車「MRワゴン」、「アルト ラパン」の燃費を改善

2012年5月17日 木曜日

~エコカー減税軽減率が向上~

 

スズキ株式会社は、軽乗用車「MRワゴン」「アルト ラパン」の2WD・NAエンジン搭載車の燃費を改善し、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)※1の軽減率を向上させて、5月17日より発売する。

「MRワゴン」「アルト ラパン」の2WD・NAエンジン搭載車(MRワゴンのECO-L、ECO-Xを除く※2)は、エンジン制御を見直し燃料カット時間を長くしたほか、低粘度のCVTオイルを採用してCVT内のフリクション(摩擦抵抗)を低減したことで燃費を改善した。「MRワゴン」は23.2km/L(+0.2km/L)※3に、「アルト ラパン」は23.2km/L(+0.4km/L)※3に燃費が向上した。
これにより「平成27年度燃費基準+10%」を達成し、自動車取得税と自動車重量税の減免措置が受けられる「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」の軽減率が、50%から75%に向上した。

また燃費の向上に合わせて、「MRワゴン」「アルト ラパン」全機種の後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーを採用した。

2010.11.25 スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」に特別仕様車「アルト ラパン リミテッド」を設定して発売

2011年1月6日 木曜日

スズキ、軽乗用車「アルト ラパン」に
特別仕様車「アルト ラパン リミテッド」を設定して発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「アルト ラパン」特別仕様車「アルト ラパン リミテッド」を設定し、発売しました。

「アルト ラパン」は、シンプルであたたかみのある四角い外観デザインに加え、こだわりの内装による居心地のよい室内空間、優れた環境性能などで若い女性を中心に好評を得ている軽乗用車である。

「アルト ラパン リミテッド」は、親しみやすく愛らしい雰囲気を際立たせた特別仕様車である。「G」をベースに、白色のアンダースポイラー、フルホイールキャップや銀色のフロントグリルなどを採用してアクセントの効いた外観に仕上げ、さらに個性を主張するホワイト2トーンルーフ仕様車も設定。室内は外観に合わせた白色のインパネに、ベージュ色のシート表皮を組み合わせるなど明るい印象とし、運転席シートヒーターや運転席・助手席バニティーミラー(照明付)などの女性にやさしい装備を追加した。

「アルト ラパン」は、全ての機種が環境対応車普及促進税制※1に適合。NAエンジン搭載車については25.0km/L※2(2WD・CVT車)を達成しており、自動車取得税と自動車重量税の75%減税措置を受けることができる。