‘スイフト’ カテゴリーのアーカイブ

2018年次 RJC カー オブ ザ イヤーを受賞

2017年11月15日 水曜日

スズキ「スイフト」が
2018年次 RJC カー オブ ザ イヤーを受賞

スイフト HYBRID RS

スズキ株式会社の小型乗用車「スイフト」が、NPO法人 日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞した。

今回受賞した「スイフト」は、2004年の発売開始から3代目にあたるモデルで、スイフトとして3代連続しての受賞となった。スズキ車が「RJCカー オブ ザ イヤー」を受賞するのは、「ワゴンR」(1993年)、「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」(2008年)、「スイフト」(2005年、2010年)、「ハスラー」(2014年)、「アルト」(2015年)に続き、2年ぶり7度目となる。

RJCの受賞理由は、「スイフトシリーズはスポーツやハイブリッドもバリエーションにそろえ、幅広いユーザーに対応。特に6速MTのスイフトスポーツは、動力性能、操縦性も優れ、高いスポーツ性を持つ。独自の機構を持つハイブリッドは、5AGSともマッチングしたもので、利点の多いハイブリッドを廉価に提供した。」としている。

「スイフト」は、個性的でスポーティーなデザインに、しっかりしたハンドリングと高い走行性能、使い勝手の良さ等を特長としたコンパクトカーである。軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」に、1.2Lデュアルジェットエンジン、1.0L直噴ターボエンジンを搭載。1.2Lエンジンは、マイルドハイブリッドに加え、モーターによるEV走行も可能としたスズキ独自のハイブリッドシステムを組み合わせるなど、多彩なパワートレインを採用している。「スイフトスポーツ」は、1.4L直噴ターボのブースター ジェット エンジン、新開発サスペンション等の採用により圧倒的な動力性能とハンドリング性能を実現し、クルマを操る楽しさをさらに高めた。
衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめとする安全装備を設定するなど、お客様のニーズに細かく対応するモデルをラインアップしている。

スイフトシリーズは2004年の発売以来、日本をはじめ欧州を中心とした海外市場において高く評価されてきた。スズキの主力コンパクトカーとして、世界で累計577万台※を販売している。

※ 2017年9月末現在。スズキ調べ。

「2018年次 RJC カー オブ ザ イヤー」の概要

27回目を迎えた本年度の「RJCカー オブ ザ イヤー」の選考は、2016年11月1日から2017年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC会員の投票によって実施された。11月1日に「6ベスト」が選出され、その中から11月14日の投票によって2018年次RJCカー オブ ザ イヤーが決定した。

【RJC カー オブ ザ イヤー】 スズキの受賞歴
第3回 1993~
1994年次 RJC ニューカー オブ ザ イヤー ワゴンR
RJC マン オブ ザ イヤー 取締役社長 鈴木修
第15回 2006年次 RJC カー オブ ザ イヤー スイフト
第16回 2007年次 RJC パーソン オブ ザ イヤー 取締役社長 津田 紘
第18回 2009年次 RJC カー オブ ザ イヤー ワゴンR/ワゴンRスティングレー
第20回 2011年次 RJC カー オブ ザ イヤー スイフト
第22回 2013年次 RJC テクノロジー オブ ザ イヤー スズキグリーン テクノロジー
第24回 2015年次 RJC カー オブ ザ イヤー ハスラー
第25回 2016年次 RJC カー オブ ザ イヤー アルト

スイフト「RS」CVT車

2017年11月13日 月曜日

スイフト「RS」CVT車


スズキ株式会社は、小型乗用車「スイフト」の特別仕様車および追加機種を設定し、11月13日より発売する。

特別仕様車「XGリミテッド」は、「XG」をベースに、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」としてデュアルセンサーブレーキサポートをはじめとするセーフティパッケージを標準装備したほか、クロームメッキを施したフロントグリル、本革巻ステアリングホイールを採用して質感を高めた。さらにLEDヘッドランプをメーカーオプション設定した。

*セーフティパッケージレス仕様車も選択可能。セーフティパッケージレス仕様車はウレタンステアリングホイール。

また、足まわりに欧州仕様のチューニングを施した「RS」に、CVT車を追加設定。2WD・4WDともに設定することで、より幅広いニーズに対応した。

スイフトスポーツ

2017年9月13日 水曜日

スイフトスポーツ

スズキ株式会社は、1.4L直噴ターボエンジン、軽量高剛性なボディー、新開発サスペンション等の採用により圧倒的な動力性能とハンドリング性能を実現し、クルマを操る楽しさをさらに高めた小型乗用車 新型「スイフトスポーツ」を、9月20日より発売する。

「スイフトスポーツ」は、「スイフト」のスポーツモデルとして2005年に誕生し、日本をはじめ欧州を中心とした海外市場において、走行性能を徹底的に高めたコンパクトスポーツとして高く評価され、多くのお客様からご支持いただいてきた。

3代目となる新型「スイフトスポーツ」は、軽量化技術とともに走行性能を向上させた新型「スイフト」をベースに、日常での使いやすさを確保しながら、より高性能なホットハッチバックへと進化させた。最大トルク230N・mを発揮する1.4L直噴ターボのK14C型ブースタージェット エンジンや、軽量高剛性な新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」採用による70kg※1の軽量化、新開発サスペンションにより高い動力性能とハンドリング性能を実現。卓越した性能を感じさせる力強いデザインに加え、スポーティーなエキゾーストサウンド、専用セミバケットシートなどスポーツマインドを高揚させるスポーツ要素の演出にもこだわった。

さらに、スズキ初採用となる車線逸脱抑制機能をはじめ、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をメーカーオプション設定(セーフティパッケージ装着車)し、安全装備も充実させた。これにより、セーフティパッケージ装着車は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー※2」の「サポカーS ワイド※3」に該当する。

※1 先代スイフトスポーツと新型スイフトスポーツ 6MT車、および先代スイフトスポーツ CVT車と新型スイフトスポーツ 6AT車との比較。
※2 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称。略称・サポカー。
※3 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。

*安全運転を支援する機能は、交通事故の防止や被害軽減に役立ちますが、検知性能・制御性能には限界があり、状況によっては正常に作動しない場合があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

新型「スイフトスポーツ」の主な特長
①圧倒的な動力性能とハンドリング性能による走行性能の追求
②スズキ初の車線逸脱抑制機能をはじめ、充実の先進安全技術を搭載
③走行性能の高さを感じさせる力強いデザイン

スイフト HYBRID SL

2017年7月12日 水曜日

スズキ株式会社は、駆動用モーターとオートギヤシフトを組み合わせたスズキ独自のハイブリッドシステムを搭載した小型乗用車 新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」を追加し、7月12日より発売する。

新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」に搭載したスズキ独自のハイブリッドシステムは、コンパクトながら瞬間的に大きな力を発揮する駆動用モーター(MGU=Motor Generator Unit)と、軽量コンパクトで伝達効率に優れたオートギヤシフト(AGS)を組み合わせ、走行中に蓄えた電力をMGUに供給することで、モーターによるアシスト走行に加え、クリープ走行時や一定速走行時にはエンジンを自動停止してEV走行も可能とした。

キビキビとした走りと、EV走行の頻度を高めた燃費優先の走りを使い分けることができる2つの走行モードを設定し、スイフトならではのしっかりしたハンドリング性能はそのままに、32.0km/L※の低燃費と、AGSとMGUによるダイレクト感のある走りを両立させた。
車両重量は1,000kg以下に抑え、エコカー減税の免税対象車とした。

「スイフト HYBRID SL」には、素早い加速感とスポーティーなシフトフィールを楽しめるパドルシフトに加え、単眼カメラとレーザーレーダーで前方の歩行者や車を検知して衝突時の被害を軽減する「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめとする先進安全技術や、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備した。

※ 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値)