‘ワゴンR’ カテゴリーのアーカイブ

スズキ、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に「S-エネチャージ」を搭載

2014年8月25日 月曜日

<スズキ、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に「S-エネチャージ」を搭載>
軽ワゴンNo.1※1の低燃費32.4km/L※2を達成

ワゴンR FZワゴンRスティングレー X
スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に新開発の低燃費化技術「S-エネチャージ」を搭載した機種※3を設定し、軽ワゴンNo.1※1の低燃費32.4km/L※2を達成するなど一部改良を行い、8月25日より発売する。

今回「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に搭載した「S-エネチャージ」は、「エネチャージ」で培ったエネルギーマネジメント技術をさらに進化させたスズキ独自の低燃費化技術である。
ISG(モーター機能付発電機)とS-エネチャージ車専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせ、減速時に蓄えた電力で加速時にISGがモーターアシストを行うことで、エンジンの負担を軽減し、加速性能はそのままに、燃料消費を抑制する。「S-エネチャージ」と改良を加えたR06A型エンジンとの組み合わせにより、軽ワゴンNo.1※1の低燃費32.4km/L※2を達成した。
さらに、ISGのスターターモーター機能により、静かでスムーズなアイドリングストップからのエンジン再始動を実現し、快適性を高めている。

今回の一部改良では、一目見てワゴンRと分かる普遍的なデザインとしながら、「S-エネチャージ」搭載機種※3にLEDイルミネーションランプ等の加飾を施して先進性を表現するなど、それぞれの機種の特長を活かした新しいデザインを採用した。
また、CVT全車、2WD・5MT車は全機種エコカー減税※4の免税対象車とした。

「ワゴンRスティングレー」に、後退時に左右から車両後方に接近する移動物をお知らせする軽自動車初※5「後退時左右確認サポート機能」と「自動俯瞰機能」を採用したバックアイカメラを、スマートフォン連携ナビゲーションとセットでメーカーオプション設定したほか、クルーズコントロールシステム(スティングレーT)を採用。安全をサポートする機能や快適性を高める装備を充実させた。

販売目標台数(月間) 「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」 16,000台
※1 軽ワゴン=全高1,550mm以上の軽自動車。JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。2014年8月現在、スズキ調べ。
※2 燃料消費率JC08モード走行(国土交通省審査値):FZ・スティングレーXの2WD車
※3 FZ、スティングレーXに標準装備。
※4 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税措置は平成27年3月31日新車届出、自動車重量税の減税措置は平成27年4月30日新車届出まで。また、「ワゴンR昇降シート車」は持ち込み検査となるため、届出時の実測値(寸法・重量)により減税対象であることが決定する。
※5 2014年8月現在、スズキ調べ。
*ISG=Integrated Starter Generator(インテグレーテッド スターター ジェネレーター)

スズキ、軽乗用車 新型「ワゴンR」に5MT車、「アルト ラパン」に4AT車を設定して発売

2012年12月19日 水曜日

スズキ、軽乗用車 新型「ワゴンR」に5MT車、
「アルト ラパン」に4AT車を設定して発売


スズキ株式会社は、軽乗用車 新型「ワゴンR」「FX」グレードにアイドリングストップシステムを搭載した5MT車を設定、軽乗用車「アルト ラパン」「G」グレードに4AT車を設定して、いずれも12月19日より発売する。

新型「ワゴンR」「FX」グレードの5MT車は、アイドリングストップ中でも冷風を室内に送る「エコクール」を採用している。また、エンスト時のエンジン再始動に役立つ「エンジンリスタート機能」※1を採用した。5MT車を追加することで、さらに幅広いお客様に対応した。なお、2WD車はエコカー減税※2の免税対象車とし、4WD車は75%減税対象車とした。

また、「アルト ラパン」「G」グレードの2WD車に、お求めやすい価格設定の4AT車を追加した。エコカー減税の50%減税対象車とした。

「ワゴンR FX 5MT車」の主な装備
•走行中にブレーキを踏んで停車し、シフト位置をニュートラルに戻しクラッチを離せば、自動でエンジンを停止するアイドリングストップシステム。
•アイドリングストップ中、エアコンが停止し送風状態になった時、蓄冷材を通した冷風を室内に送ることで車室内の温度上昇を抑制する機構「エコクール」。
•エンスト時、シフト位置をニュートラルに戻し、クラッチを踏み込むだけでエンジンが再始動する新機能「エンジンリスタート機能」※1。
•フロアシフトと手動式パーキングブレーキ、セパレートタイプのフロントシート。
•収納に便利なインパネセンターポケットを採用。

スズキ、新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」を発売

2012年9月6日 木曜日

~軽ワゴンNo.1の低燃費※1を実現~

 スズキ株式会社は、新型「ワゴンR」を9月6日より、新型「ワゴンRスティングレー」を9月19日より発売する。

「ワゴンR」は、1993年9月に「乗る人を最優先し、快適で使い勝手の良さを追求したクルマ」をコンセプトとして誕生して以来、「個性的で存在感あふれるスタイリング」、「乗り降りと運転のしやすさ」、「室内空間の広さ」などの優れた特長で、年齢、性別を問わず多くのお客様から支持されてきた。発売以降、軽ワゴンという市場を新たに築き、軽自動車を代表するモデルとなっている。

新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」は、「軽ワゴン低燃費No.1※1新世代エコカー」を開発コンセプトとし、環境に配慮しながら、さらに便利で楽しいクルマをめざす、スズキの新技術の総称「スズキグリーン テクノロジー」のもとに、開発した技術を集結させた。

「スズキグリーン テクノロジー」

スズキがものづくりのために開発・投入する環境技術、低燃費化技術、軽量化技術などの新技術を「スズキグリーン テクノロジー」と総称し、これからの商品開発に投入していく。今回の「ワゴンR」がその第一弾となる。
新型「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」には、「ENE-CHARGE(エネチャージ)」、「新アイドリングストップシステム」、「ECO-COOL(エコクール)」などの低燃費化技術や軽量化技術を盛り込んでいる。

新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」の主な特長

NA(自然吸気)エンジン搭載車(2WD)で28.8km/L※2の軽ワゴンNo.1の低燃費※1を実現
また、ターボエンジン搭載車(2WD)も26.8km/L※2の低燃費を達成

  • 軽自動車初※3となる先進的な低燃費化技術「エネチャージ」、「新アイドリングストップシステム」、「エコクール」を全車に採用した。
  • 軽ワゴン最軽量※4 780kg(ワゴンR FX 2WD車)を実現した、最大70kg※5にも及ぶ車体の軽量化、パワートレインの高効率化、各部の摩擦抵抗低減など、基礎技術を徹底して追求した。
  • 「R06A型エンジン」の搭載と、「エネチャージ」の採用や車体の軽量化などにより、軽やかな加速とキビキビとした走りを実現した。
  • ターボエンジン搭載車も含め、2WD・4WD車ともに全車エコカー減税※6の免税対象車とした。

ワゴンR伝統のパッケージング&デザイン

  • ロングホイールベースの新プラットフォームを採用し、室内長、前後乗員間距離を拡大して広々とした室内空間を実現した。
  • 一目で「ワゴンR」と分かるスタイリングに磨きをかけた、力強く上質に進化したデザイン。

充実の機能と装備

  • 簡単で多彩なシートアレンジを継承。収納スペースは収納力と使いやすさを追求した。
  • 全車にフルオートエアコンや、エコ運転を支援する「エコドライブアシスト照明」、「エコスコア」を標準装備した。
  • 徹底的な軽量化を施しながらも、高い静粛性と安全性能を実現した。

スズキ、軽乗用車「ワゴンR FX/FXリミテッド」

2012年1月26日 木曜日

2WD・4AT車の燃費を向上

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR FX/FXリミテッド」(2WD・4AT車)の燃費を向上させて、1月26日より発売する。

今回は、「ワゴンR」シリーズの主力グレードである「ワゴンR FX/FXリミテッド」において、2WD・4AT車のエンジン制御を見直し燃料カット時間を長くしたほか、変速機のロックアップ(エンジンと変速機が直結されている状態)領域を拡大し、燃料消費を減らしたことで、JC08モードにおいて燃費を20.4km/Lから21.0km/Lに向上させた。

スズキ、軽乗用車4車種に

2011年11月21日 月曜日

スズキ株式会社は、年末年始の需要期に向け製品ラインアップの拡充を図るため、ワゴンR/ワゴンRスティングレー、パレット/パレットSW、アルトラパン、MRワゴンの軽乗用車4車種6機種に特別仕様車を設定し、11月21日より発売する。

ワゴンR リミテッドII

特別仕様車「ワゴンR リミテッドII」は、ブラック基調のインテリアやスエード調のシート表皮を採用するなど質感を高めたインテリアとしながらも、ディスチャージヘッドランプや便利なリモート格納ミラーなどの機能と装備を充実させた。

ワゴンRスティングレー リミテッドII

特別仕様車「ワゴンRスティングレー リミテッドII」は、精悍な印象のブラックメッキフロントグリルや15インチアルミホイールを装備し、本革巻ステアリングホイールやスエード調のシート表皮を採用するなど、洗練された上質な内外装とした。

パレット リミテッドII

特別仕様車「パレット リミテッドII」は、後席両側パワースライドドアやディスチャージヘッドランプを採用し、飲み物をこぼしても拭き取りやすい撥水加工の専用ファブリックシート表皮など、日常のファミリーユースで活躍する便利な装備を充実させた。

パレットSW リミテッドII

特別仕様車「パレットSW リミテッドII」は、ブラックメッキヘッドランプやブラックメッキフロントグリルを採用するなどスタイリッシュなエクステリアデザインとしながらも、後席両側パワースライドドアを装備して実用性を高めた。

アルトラパン 10thアニバーサリー リミテッド

特別仕様車「アルトラパン 10thアニバーサリー リミテッド」は、フロントドアに紫外線からお肌を守るプレミアムUVカットガラスを採用し、アルトラパン誕生10年記念ロゴの入った専用盤面発光メーターを採用するなど、女性ユーザーにとってお気に入りの1台になるように仕立てた。

MRワゴン 10thアニバーサリー リミテッド

特別仕様車「MRワゴン 10thアニバーサリー リミテッド」は、MRワゴン誕生10年を記念したモデルである。若年層ユーザーをターゲットとして、屋根部分の色を変えた2トーンルーフモデルを設定し、フロントメッキグリルやディスチャージヘッドランプなど装備を充実させた。

ワゴンR リミテッドII

特別仕様車「ワゴンR リミテッドII」は、「ワゴンR FXリミテッド」をベースに、引き締まった印象のブラック内装など上質なインテリアとしながら、機能と装備を充実させて使い勝手を高めた。

主な特別仕様・装備

  • ディスチャージヘッドランプ[ロービーム、オートレベリング機構付]を装備した。
  • 精悍な印象のブラックメッキフロントグリル、ブラックメッキヘッドランプを採用した。
  • 14インチアルミホイール[ガンメタリック塗装]を採用した。
  • リクエストスイッチ及びリモコンキーで施錠すると、自動的にドアミラーを格納する、リモート格納ミラー※1を装備した。
  • 上質でなめらかな肌ざわりの専用シート表皮[ラックススエード(R)※2]を採用した。
  • オートライトシステムを装備した。
  • 青色(パールメタリックカシミールブルー)をはじめ、全6色を設定した。
  • ※1 販売会社装着品
  • ※2 ラックススエードは、セーレン株式会社の登録商標。

ワゴンRスティングレー リミテッドII

特別仕様車「ワゴンRスティングレー リミテッドII」は、「ワゴンRスティングレー X」をベースに、洗練された外観や上質な内装に磨きをかけ、質感を更に高めた。

主な特別仕様・装備

  • ブラックメッキフロントグリル[スケルトンタイプ]、ブラックメッキヘッドランプを採用した。
  • 15インチアルミホイールを採用した。
  • リモート格納ミラー※1を装備した。
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラーを装備した。
  • 上質でなめらかな肌ざわりの専用シート表皮[ラックススエード(R)※2]を採用した。
  • オートライトシステムを装備した。
  • ブルーイルミネーション(インパネ、フロントドアトリム、フロントスピーカー)を採用した。
  • 特別設定色となる黒色(スパークブラックパール)をはじめ、全6色を設定した。

環境対応車普及促進税制対応について

「ワゴンR リミテッドII」「ワゴンRスティングレー リミテッドII」は全車、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」と「平成22年度燃費基準+25%」を達成、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)の自動車取得税と自動車重量税の75%減税措置※3を受けることができる。

  • ※3 環境対応車普及促進税制による自動車取得税の減税は平成24年3月31日新車届出まで、自動車重量税の減税は平成24年4月30日新車届出まで。

「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」にアイドリングストップシステム搭載車を追加して発売

2011年11月15日 火曜日
 

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に、アイドリングストップシステムを搭載した機種を追加し、11月15日より発売する。

「ワゴンR」は、1993年9月の誕生以来、新しいジャンルのワゴンタイプの軽乗用車として、広く快適な居住空間、乗り降りしやすいシート、使い勝手の良いラゲッジスペースなどの特長で好評を頂いている。
現在「ワゴンR」シリーズのアイドリングストップシステム搭載車として「ワゴンR FXアイドリングストップ」を販売しているが、このたびラインナップの拡充を目的に、「ワゴンR FXリミテッド」、「ワゴンRスティングレー X」にアイドリングストップシステム搭載車を追加して発売する。

「ワゴンR FXリミテッド アイドリングストップ」、「ワゴンRスティングレー X アイドリングストップ」の主な特長

  • アイドリング中の無駄な燃料消費を無くすとともに、排出ガスの低減やエンジン騒音の抑制に貢献するアイドリングストップシステムを搭載した。
  • 坂道等でアイドリングストップシステムが作動した時に後退を抑制する、ヒルホールドコントロール機能を追加した。
  • バックドアに「IDLING STOP」エンブレムを貼付した。

スズキ、軽ワゴン車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良

2010年8月20日 金曜日

スズキ、軽ワゴン車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良


~アイドリングストップシステム採用車を設定~

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」を一部改良し、アイドリングストップシステム採用車を新設定するなど燃費の向上を図るとともに、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)対象の機種を拡大させて8月20日より発売する。

 「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」は、「個性的で存在感あふれるスタイリング」「乗り降りや運転のしやすさ」「室内空間の広さ」といった優れたパッケージングにより、幅広い層のお客様より高い評価を頂いている軽ワゴン車である。

今回の一部改良では、新開発のアイドリングストップシステムを採用した機種を設定したほか、副変速機構付CVTを搭載するなど燃費の向上を図り、軽ワゴン車トップ※1の 燃費25.0km/L※2を達成(「FX アイドリングストップ」)。新たにターボ・2WD車も「平成17年度排出ガス基準75%低減レベル」を達成し、エコカー減税対象機種を拡大した。

また、CVT車、4AT車に、燃費効率が良い運転状態になると点灯するエコドライブインジケーターを新採用したほか、「FXリミテッド」、「スティングレーT」の2WD車に、走行中にパンクしても、80km/h以下のスピードで約80kmまで走行が可能なランフラットタイヤをメーカーオプション設定した。

  • ※1 2010年7月末現在 スズキ調べ
  • ※2 10・15モード燃料消費率(国土交通省審査値)

ワゴンR 2009年5月14日

2010年5月24日 月曜日

スズキ、ワゴンRの2009年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念し、
特別仕様車「ワゴンR FXリミテッドII」を発売

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」の2009年次RJC※1カー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念し、特別仕様車「FXリミテッドII」を設定して、5月14日より発売する。

「ワゴンR」は、内外装の質感や車内の静粛性、動力性能の高さに加え、低燃費を実現し完成度を大きく高めたことが評価され、2009年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。「ワゴンR」としては1993~1994年次以来2度目となる。さらに6年連続で国内軽自動車の車名別新車新規届出台数第1位※2を達成するなど、スズキを代表するモデルとなっている。

今回発売する特別仕様車「FXリミテッドII」は、専用フロントメッキグリルやターンランプ付ドアミラー、本革巻ステアリングホイールを採用するなど内外装の装備を充実させた。また、環境対応車普及促進税制に適合しており、自動車取得税、自動車重量税の軽減措置を受けることができる(4WD・4AT除く)。

  • ※1 NPO法人 日本自動車研究者 ジャーナリスト会議(Researcher’s & Journalists’Conference)
  • ※2 社団法人 全国軽自動車協会連合会資料よりスズキ調べ

 

特別仕様車「ワゴンR FXリミテッドII」の主な特長

エクステリア

  • 専用フロントメッキグリルと専用「LIMITED」エンブレムを採用した。
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラーを採用した。
  • 車体色は特別設定色の紫(ミステリアスバイオレットパール)や濃銀(ルナグレーパールメタリック)をはじめ、全6色を設定した。

インテリア

  • フルオートエアコン(抗アレルゲン/カテキン・エアフィルター付)を採用した。
  • 本革巻ステアリングホイールを採用した。
  • タコメーター付自発光3連メーターを採用した。
  • 運転席シートリフターとチルトステアリングを標準装備した。
  • フロントスピーカーに加え、リヤスピーカー、ツイーターを採用し6スピーカーとした。