‘ワゴンR’ カテゴリーのアーカイブ

軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に特別仕様車「25周年記念車」を設定して発売

2018年8月30日 木曜日

スズキ、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」に
特別仕様車「25周年記念車」を設定して発売
2018年8月30日

ワゴンR 特別仕様車
25周年記念車 HYBRID FXリミテッド

スズキ株式会社は、軽乗用車「ワゴンR」が1993年の発売から25周年を記念して、ワゴンR、ワゴンRスティングレーに特別仕様車「25周年記念車」を設定して、9月10日より発売する。

特別仕様車「25周年記念車」は、発進時にモーターのみで走行できる※1マイルドハイブリッドを全車に搭載した。
さらに、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」を全車に標準採用して安全装備を充実させた。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー※2」の「サポカーSワイド※3」に該当する。
個性的な3つのデザインをベースに、外観の加飾やインパネカラーパネル色の変更などの専用装備、車体色は新設定の紺「ノクターンブルーパール」および赤「フェニックスレッドパール」をはじめ全6色を設定した。

ワゴンRは発売以降、軽ワゴンという市場を新たに築き、時代にあわせて安全性能や環境性能を進化させてきた。25年にわたり多くのお客様にご愛用いただき、国内累計販売台数約460万台※4となる、スズキの軽自動車を代表するモデルである。
※1 モーターによる走行は、アイドリングストップ後の停車状態からの発進時、ブレーキから足を離してアクセルを踏まなくても車がゆっくりと動き出すクリープ走行(最長10秒間)が可能。
※2 自動ブレーキなどの先進安全技術をはじめとする一定の運転支援機能を備えた車(安全運転サポート車)の愛称。略称・サポカー。
※3 安全運転サポート車のうち、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを搭載することで特に高齢運転者に推奨される「サポカーS」の区分のひとつ。「サポカーS ワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、車線逸脱警報、先進ライトを搭載する車。
※4 2018年8月現在、スズキ調べ。

特別仕様車「25周年記念車」の主な専用装備

全車共通
助手席シートヒーター(2WD車)
専用エンブレム[25th ANNIVERSARY](バックドア)

ワゴンR 25周年記念車 HYBRID FXリミテッド(ベース車:HYBRID FX セーフティパッケージ装着車 ブラック内装)
専用色インパネカラーパネル[ネイビーパール、シルバー]
フロントグリル[スモークメッキ、スチールシルバー]
専用ファブリックシート表皮、チルトステアリング、運転席シートリフター
シルバードアハンドル、シルバーインサイドドアハンドル
IRカット機能付フロントガラス、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
14インチアルミホイール

ワゴンR 25周年記念車 HYBRID FZリミテッド(ベース車:HYBRID FZ セーフティパッケージ装着車)
専用色インパネカラーパネル[マットブラックパール、シルバー]
専用ファブリックシート表皮
メッキバックドアガーニッシュ
シルバードアハンドル
15インチタイヤ&アルミホイール

ワゴンRスティングレー 25周年記念車 HYBRID Xリミテッド(ベース車:スティングレー HYBRID X)
フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ
専用色インパネカラーパネル[マットブラックパール、シルバー]
フロントグリル[メッキ、ダークグレー]
専用ファブリックシート表皮、専用ドアトリムクロス
本革巻きステアリングホイール[専用シルバーステッチ]
メッキバックドアガーニッシュ
15インチタイヤ&アルミホイール

ワゴンR FA

2017年8月23日 水曜日

スズキ株式会社は、軽乗用車 新型「ワゴンR」の「FA」グレードに5MT車を設定して、8月23日より発売する。

このたび発売するワゴンRの5MT車は、MT車を必要とされるお客様に向けて追加したもので、お求めやすい価格設定としたほか、全10色の豊富な車体色を設定し、幅広い年代の多様なお客様のニーズにきめ細かく応えていく。
また、2WD車、4WD車ともに自動車取得税20%減税対象車、自動車重量税25%減税対象車とした。

新型「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」

2017年4月20日 木曜日

2017年4月20日

スズキ、福祉車両ウィズシリーズに
新型「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」を
設定し発売

スズキ株式会社は、スズキ福祉車両ウィズシリーズに、軽乗用車 新型「ワゴンR」、「ワゴンRスティングレー」をベースにした新型「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」を設定し、4月20日より発売する。

新型「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」は、リモコンやスイッチの簡単な操作で助手席が車外にスライドして昇降する福祉車両である。助手席が車いすの座面に近い高さまで下がることで、車いすからの乗り移りと介助者の負担を軽減した。
このたび、ワゴンR FX、FZ、ワゴンRスティングレーの外観デザインが異なる各モデルに昇降シート車を設定し、お客様の選択肢を広げた。さらに、衝突被害軽減システムやヘッドアップディスプレイなどの先進安全技術を標準装備して安全装備を充実させた。

なお、新型「ワゴンR 昇降シート車」、「ワゴンRスティングレー 昇降シート車」は、4月20日から22日までインテックス大阪で開催される「第23回総合福祉展 バリアフリー2017」に初出展する。